退位後「上皇」、敬称は「陛下」

 今井敬氏(経団連名誉会長)が座長を務める「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の第10回会合が22日午前、首相官邸で開かれました。

 会合では皇室史に詳しい本郷恵子東大史料編さん所教授、君塚直隆関東学院大教授、新田均皇学館大現代日本社会学部長らが出席し、

 ・退位後の称号・敬称
 ・退位後に再び天皇に即位することなどの是非
 ・退位後に崩御された場合の葬儀や陵墓の在り方
 ・退位後の補佐機関や待遇
 ・秋篠宮さまの新たな呼称

 等についてヒアリングが行われ、退位後の呼称については3人全員が「上皇(太上天皇)」を支持。政府も「上皇(太上天皇)」とする方向で検討していると言う事です。また、敬称は「陛下」とするのが妥当との見解で一致。退位後の即位にはいずれも否定的な見解を表明しました。

 政治かやらスポーツ選手は自分の意思で引退できるし、引退すれば普通の人に戻ります。しかし、皇族はそう言う訳にはいきません。特に天皇となれば。早く結論を出して、楽にしてあげたいものです。

築地市場の敷地内から基準超ヒ素、都が調査へ

 読売新聞の情報公開請求に対する都の開示資料によると、築地市場(中央区)の敷地から、環境基準の2・4倍となるヒ素などの有害物質が検出されていた事が判明したそうです。

 検出されたヒ素は、環境基準(1リットル当たり0・01ミリ・グラム)の2・4倍にあたる0・024ミリ・グラム。また、フッ化物は環境基準(1リットル当たり0・8ミリ・グラム)の1・6倍に当たる1・3ミリ・グラムが検出されたと言う事です。

 2013年5~6月に、市場跡地を通る環状2号線の整備に向けて行われた土壌調査の結果ですが、これまで公表されていませんでした。

 また、土地利用に際し、土地の過去の利用履歴(地歴)を調査するよう義務付ける都条例に基づいて都が3月までに行った地歴調査では、築地市場が戦後、進駐軍に接収された際にドライクリーニング工場や薬品を扱う診療所、給油所等がが設置されていたことが判明しました。

 このため、都は土壌汚染の恐れがあるとして有害物質の濃度などを調査する事を決定しています。

 築地市場はアスベストが使われているという話もありますし、これはもう豊洲市場とどっちが危険なのかと言う話になってきました。どちらにも危険要素があるなら、より危険の少ない方を使うしかありません。

東芝、2部降格へ

 深刻な経営難に陥っている総合電機大手の東芝が、目標としていた今年3月末時点での「債務超過」の解消を断念したことが明らかになりました。

 東芝は去年12月末の時点で、1900億円あまりに上る「債務超過」に陥っていることを明らかになっています。この「債務超過」の解消には、稼ぎ頭である半導体事業の売却で資金を調達、財務状態を改善させるしかありません。しかし、当初20%未満としていた売却割合を、100%まで引き上げる検討をせざるを得ないと判断。入札のやり直しに時間がかかるため、売却の時期を4月以降に先送りする方針を固めたものです。

 この結果、3月末時点での債務超過の解消は極めて難しくなり、東証で2部制が始まって以来、57年守ってきた第1部から2部へ降格される見通しとなりました。東芝の株価は14日に続き、15日も8%の大幅な値下がりとなっています。しかも、債務超過や内部管理の不備が続けば、最悪の場合上場廃止となる恐れもあり、予断を許しません。

 一連の動きを受けて、格付投資情報センター(R&I)は15日、同社の格付けについて、現在の「BB」から「B」に3段階引き下げると発表しました。R&Iが格付けを一気に3段階引き下げるのは異例です。しかも、さらに格下げの方向で監視を続けるとしています。

 不正経理問題が発覚後、東芝は採算の悪化していた家電部門を中国の家電メーカーに売却。さらに、財務体質改善のため、優良部門だった医療機器部門をキャノンに売却。これで半導体部門を売却したら、後は何が残るんだろうという状態です。

 シアクル