公立陶生病院でスーパー耐性菌検出

 公立陶生病院(愛知県瀬戸市)の19日発表によると。同病院に入院、または通院中の患者11人から、新型耐性菌「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)」を検出したそうです。

 2015年10月から今年6月までの間に男性8人、女性3人計11人から検出され、いずれの菌も同じ遺伝子パターンで、院内感染の可能性が高いと見られます。

 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌は、広域抗菌薬の代表といえるカルバペネム系抗菌薬に耐性を持つ腸内細菌科細菌で、複数の抗生物質に対して耐性を持つため、「スーパー耐性菌」と呼ばれています。2014年9月に保健所への届け出が義務付けられました。

 抗生物質が乱用されているインドなどに比べ、日本での検出例は希です。感染すると発熱などの症状を起こすことがありますが、今回感染した11人の中で発症者はいません。

 スーパー耐性菌、と言っても、全ての抗生物質が効かないわけでは無く、「コリスチン」や「チゲサイクリン」は有効とされます。ただ、菌は絶えず進化しており、耐性を持つのは時間の問題とも言われます。

TBS、不適切な演出で謝罪

 TBSは5日、6月19日放送の同局系バラエティー番組「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー」について、番組公式サイトとツイッターを通じて謝罪しました。

 この問題、登場する双子が入れ替わっているかを見極める「双子見極めダービー」というコーナーに出演した顔相鑑定士の池袋絵意知さんが「CGによって自身の姿が消された」とブログで暴露したのがはじまり。
 池袋さん以外に元刑事の小川泰平さん、お笑い芸人で東大出身の藤本敦史さん、メンタリストDaiGoさんら4人が出演。実際には池袋氏が最終問題まで回答したのにも関わらず、オンエアでは「最終戦を前にして池袋はここで脱落」というナレーションが入って脱落したことになっており、最終的にメンタリストのDaiGoが優勝を飾ったことになっていました。

 番組公式サイトでは「行き過ぎた演出があった」と認めた上で「池袋絵意知氏、および視聴者の皆さまに深くお詫びいたします」としています。

 しかし、勝敗の結果を変えてしまうことを演出と言うのでしょうか?。

スコットランド、住民投票再実施か?

 イギリスのEU離脱を問う国民投票で離脱派が勝利したことを受けて、スコットランドのニコラ・スタージョン自治政府首相は、イギリスからの独立を問う住民投票の再実施について言及しました。

 スコットランドは62%が残留に投票しており、スタージョン自治政府首相が「スコットランドの未来はEUの一部となることだ」と発言したものです。元々スタージョン首相はEU残留を主張し、もし国民投票で離脱派が勝利すれば「再度、独立の是非を問う住民投票を実施する」と強調してきた経緯があります。

 スコットランドでは2014年にイギリスからの独立を問う住民投票が行われ、その時は残留派が55.3%で勝利しています。しかし、今回EUへの残留を主張して住民投票を行えば、独立派が勝利する可能性があります。

 また、同じく残留派が多かったロンドン市で、イギリスからの独立を求める署名に既に15万人が署名しているという報道もあります。イギリスの離脱でEUが崩壊するのではないかとの予測もありますが、その前にイギリスが崩壊してしまうかもしれません。

 残留を主張していたキャメロン首相は「私は我が国を次の目的地に導いていく船長に適していない」として、辞意を表明しました。辞職の時期は今年の10月まで、と言うことです。次期首相は、離脱派をリードしてきた前ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏でしょうか?。イギリスはこれからどうなっていくのか?、そして世界への影響は?。その時日本はどうなるのか?。

 隠れ糖尿病 隠れ高血糖 治る