東芝、2部降格へ

 深刻な経営難に陥っている総合電機大手の東芝が、目標としていた今年3月末時点での「債務超過」の解消を断念したことが明らかになりました。

 東芝は去年12月末の時点で、1900億円あまりに上る「債務超過」に陥っていることを明らかになっています。この「債務超過」の解消には、稼ぎ頭である半導体事業の売却で資金を調達、財務状態を改善させるしかありません。しかし、当初20%未満としていた売却割合を、100%まで引き上げる検討をせざるを得ないと判断。入札のやり直しに時間がかかるため、売却の時期を4月以降に先送りする方針を固めたものです。

 この結果、3月末時点での債務超過の解消は極めて難しくなり、東証で2部制が始まって以来、57年守ってきた第1部から2部へ降格される見通しとなりました。東芝の株価は14日に続き、15日も8%の大幅な値下がりとなっています。しかも、債務超過や内部管理の不備が続けば、最悪の場合上場廃止となる恐れもあり、予断を許しません。

 一連の動きを受けて、格付投資情報センター(R&I)は15日、同社の格付けについて、現在の「BB」から「B」に3段階引き下げると発表しました。R&Iが格付けを一気に3段階引き下げるのは異例です。しかも、さらに格下げの方向で監視を続けるとしています。

 不正経理問題が発覚後、東芝は採算の悪化していた家電部門を中国の家電メーカーに売却。さらに、財務体質改善のため、優良部門だった医療機器部門をキャノンに売却。これで半導体部門を売却したら、後は何が残るんだろうという状態です。

 シアクル

岡田代表、代表選不出馬を表明

 9月に行われる代表選で再選を目指すとみられていた民進党の岡田克也代表は、30日の記者会見で代表選に出馬しない意向を明らかにしました。

 岡田代表は「自身の達成感がある。維新の党との合併、あるいは野党共闘路線の方向付けができたと思う」とした上で、「新しい人に担ってもらったほうが、党にとっても日本の政治にとっても望ましい」と述べ、代表選には出馬せず、任期一杯で退任する意向を明らかにしたものです。

 先の参議院選挙で共産党との共闘に舵を切って一定の成果は出せたものの、議席数の後退傾向は止まらず、支援団体の連合や民進党内部には共産党との共闘に反発する声も強く、共闘路線を決めた岡田代表への不満も大きくなっていたと言われます。

 次期代表については、知名度の高い蓮舫代表代行(48)を推す声があがっていますが、前原誠司元外相(54)、細野豪志元環境相(44)、枝野幸男幹事長(52)、長妻昭代表代行(56)らの名前も挙がっています。

公立陶生病院でスーパー耐性菌検出

 公立陶生病院(愛知県瀬戸市)の19日発表によると。同病院に入院、または通院中の患者11人から、新型耐性菌「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)」を検出したそうです。

 2015年10月から今年6月までの間に男性8人、女性3人計11人から検出され、いずれの菌も同じ遺伝子パターンで、院内感染の可能性が高いと見られます。

 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌は、広域抗菌薬の代表といえるカルバペネム系抗菌薬に耐性を持つ腸内細菌科細菌で、複数の抗生物質に対して耐性を持つため、「スーパー耐性菌」と呼ばれています。2014年9月に保健所への届け出が義務付けられました。

 抗生物質が乱用されているインドなどに比べ、日本での検出例は希です。感染すると発熱などの症状を起こすことがありますが、今回感染した11人の中で発症者はいません。

 スーパー耐性菌、と言っても、全ての抗生物質が効かないわけでは無く、「コリスチン」や「チゲサイクリン」は有効とされます。ただ、菌は絶えず進化しており、耐性を持つのは時間の問題とも言われます。