公立陶生病院でスーパー耐性菌検出

 公立陶生病院(愛知県瀬戸市)の19日発表によると。同病院に入院、または通院中の患者11人から、新型耐性菌「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)」を検出したそうです。

 2015年10月から今年6月までの間に男性8人、女性3人計11人から検出され、いずれの菌も同じ遺伝子パターンで、院内感染の可能性が高いと見られます。

 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌は、広域抗菌薬の代表といえるカルバペネム系抗菌薬に耐性を持つ腸内細菌科細菌で、複数の抗生物質に対して耐性を持つため、「スーパー耐性菌」と呼ばれています。2014年9月に保健所への届け出が義務付けられました。

 抗生物質が乱用されているインドなどに比べ、日本での検出例は希です。感染すると発熱などの症状を起こすことがありますが、今回感染した11人の中で発症者はいません。

 スーパー耐性菌、と言っても、全ての抗生物質が効かないわけでは無く、「コリスチン」や「チゲサイクリン」は有効とされます。ただ、菌は絶えず進化しており、耐性を持つのは時間の問題とも言われます。