安倍首相、対ロシア経済協力表明

 安倍晋三首相は6日に行われたプーチン大統領との日露首脳会談で、経済分野を柱とする8項目の協力プランを提示しました。

 協力計画には、従来進めてきたエネルギー分野に加え、交通網整備や上下水道改修、日本式の病院施設建設などが含まれています。これは一般の国民にも恩恵を実感してもらう狙いがあると見られます。

 中国の経済が減速するなどして、資源の国際価格が大きく下落。特に原油価格の下落が著しく、輸出国であるロシアの経済状況は悪化しています。さらに、ウクライナ問題で欧米諸国から経済制裁を課され、併合したクリミアもロシア経済の足を引っ張り、最悪GDPがマイナス成長になる可能性も指摘されています。そこで、安倍首相はロシアにとって関心の高い経済問題をテコに、北方領土問題を含む平和条約交渉を進めたい考えです。

 日本政府は今後、経済協力と北方領土交渉を同時並行で進めたい考えですが、日本は欧米に同調して対露経済制裁に参加しており、その整合性を問われかねません。