スコットランド、住民投票再実施か?

 イギリスのEU離脱を問う国民投票で離脱派が勝利したことを受けて、スコットランドのニコラ・スタージョン自治政府首相は、イギリスからの独立を問う住民投票の再実施について言及しました。

 スコットランドは62%が残留に投票しており、スタージョン自治政府首相が「スコットランドの未来はEUの一部となることだ」と発言したものです。元々スタージョン首相はEU残留を主張し、もし国民投票で離脱派が勝利すれば「再度、独立の是非を問う住民投票を実施する」と強調してきた経緯があります。

 スコットランドでは2014年にイギリスからの独立を問う住民投票が行われ、その時は残留派が55.3%で勝利しています。しかし、今回EUへの残留を主張して住民投票を行えば、独立派が勝利する可能性があります。

 また、同じく残留派が多かったロンドン市で、イギリスからの独立を求める署名に既に15万人が署名しているという報道もあります。イギリスの離脱でEUが崩壊するのではないかとの予測もありますが、その前にイギリスが崩壊してしまうかもしれません。

 残留を主張していたキャメロン首相は「私は我が国を次の目的地に導いていく船長に適していない」として、辞意を表明しました。辞職の時期は今年の10月まで、と言うことです。次期首相は、離脱派をリードしてきた前ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏でしょうか?。イギリスはこれからどうなっていくのか?、そして世界への影響は?。その時日本はどうなるのか?。

 隠れ糖尿病 隠れ高血糖 治る

マレーシア首相「悲劇の年に、また悲劇」

 乗員乗客295人を乗せたアムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空のボーイング777型機が、ウクライナ東部ドネツク州のロシア国境近くで墜落した問題で、マレーシアのナジブ首相は18日未明、クアラルンプール国際空港で記者団に「マレーシアにとって既に悲劇の年になっているのに、また悲劇の日が訪れた」との声明を読み上げました。飛行ルートについては「国際民間航空機関(ICAO)が安全と宣言していた」と説明し、マレーシア航空側に落ち度はなかったと強調しています。

 マレーシア航空では、3月に乗客乗員239人が乗った北京行きの航空機が行方不明になったばかり。しかも、周辺国も協力しての大規模な捜索活動にも関わらず、いまだに行方不明となった機体は残骸さえ発見できず、墜落地点も不明なままです。

 マレーシア航空機は救難信号を発しないまま消息を絶っている事などから、撃墜されたのは間違いなさそうです。問題は撃墜したのがウクライナなのかロシアなのか。正規軍であれば、民間機と軍用機を誤認する事は考えにくいので、ドネツクを実効支配している親露派の武装集団の可能性が高そうです。