ポリ袋から遺体と服が見つかる

 兵庫県警の24日発表によると、神戸市長田区長田天神町の雑木林で23日夕に複数のポリ袋の中から切断された子供の遺体が見つかった事件で、行方不明になっている市立名倉小1年の生田美玲さん(6)が今月11日に行方不明になった際に身に着けていたのと同じ衣服などもポリ袋から見つかったそうです。県警は殺人・死体遺棄事件として長田署に捜査本部を設置しました。

 発表によると、遺体は頭部、両手と胴体、両足がそれぞれ別のポリ袋に入れられていたが、腰の部分がないそうです。また、美玲さんのものとみられるピンクと青色のワンピース、サンダル、下着も袋から見つかったという事です。

 生田美玲ちゃんは今月11日、下校後に自宅近くにある祖母の家に行った後、同級生2人と遊ぶために待ち合わせ場所に出掛けたまま行方不明になっていました。最後に美玲ちゃんの姿を捉えたのは、祖母宅から400メートルほど離れたコンビニの防犯カメラ。警察は145人体制で捜索を続けていましたが、有力な手掛かりは見つかっていませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です