TBS、不適切な演出で謝罪

 TBSは5日、6月19日放送の同局系バラエティー番組「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー」について、番組公式サイトとツイッターを通じて謝罪しました。

 この問題、登場する双子が入れ替わっているかを見極める「双子見極めダービー」というコーナーに出演した顔相鑑定士の池袋絵意知さんが「CGによって自身の姿が消された」とブログで暴露したのがはじまり。
 池袋さん以外に元刑事の小川泰平さん、お笑い芸人で東大出身の藤本敦史さん、メンタリストDaiGoさんら4人が出演。実際には池袋氏が最終問題まで回答したのにも関わらず、オンエアでは「最終戦を前にして池袋はここで脱落」というナレーションが入って脱落したことになっており、最終的にメンタリストのDaiGoが優勝を飾ったことになっていました。

 番組公式サイトでは「行き過ぎた演出があった」と認めた上で「池袋絵意知氏、および視聴者の皆さまに深くお詫びいたします」としています。

 しかし、勝敗の結果を変えてしまうことを演出と言うのでしょうか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です